各国の新型肺炎|ペルーがトルコを超え世界第9の感染国へ

世界中の新型コロナ感染状況アイキャッチ

[厚生労働省]海外の感染・発生状況について[6/1]

海外の新型コロナウイルスの発生状況

6月1日までの新型コロナウイルス、海外の感染分布を表すと上のようになります。

これまで感染が確認されてたのは204の国や地域となっています。(国や地域にその他がありますが、不明確なためここでは除外としてます。)

海外の発生状況の表は、上から感染報告が多い順に国や地域に並び替えを行っています。

データは「新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年6月1日版)の国外の発生状況について」に基づいてます。

世界の新型コロナウイルスの感染状況の推移

世界の感染数の推移が見やすくなるように、動画にしてみました。YouTubeで公開中

海外の新型コロナウイルスの感染者数の推移グラフ

海外の新型コロナウイルスの発生状況
新型コロナウイルスの世界の感染患者が611万人を超えた

グラフを見てもわかるように、アメリカが感染の中心地として新型コロナウイルスが拡大している。世界全体の感染数の約3割がアメリカ。

6月1日、アメリカ国内の感染者は新たに19,588人が確認され、累計は178万人を超えた

死者数が増える中、アメリカ各州では社会経済活動の再開に向けた動きが続いている。

 

全体的にみると横ばい傾向になっていますが、他の感染国と比べるとまだ多くの感染者が確認されています。また、ロシアやブラジルの感染が1万人を超えてきたことから、世界の感染状況が変化してきました。

アメリカの感染者数を除いたグラフ

5月1日に、スペインフランスの新型コロナウイルスの感染者の報告数が訂正されたことにより、グラフで急激な変化をしています。
5月11のブラジルの感染確認ができてないため、5月10日から変化してません。
5月26日、スペインの新型コロナウイルス感染者の報告数が訂正されました。
海外の新型コロナウイルスの発生状況
新型コロナウイルスの感染者が多いアメリカを除き、他の国や地域の状況が分かるようグラフを用意。

5月1日に、新型コロナウイルスの発生源であった中国でしたが、他の国で感染が広がったことで、感染報告の上位から外れました。

こうしてみると、中国以上に他の国で新型コロナウイルスの感染力がどれだけ驚異なのか感じさせられます。

 

ブラジルとロシアで急激に新型コロナウイルスの感染が拡大しているのがグラフを見ても明らかになっている。特にブラジルの感染拡大が顕著になってきている。

6月1日のブラジルは、新たに16,409人の感染が確認された。昨日ブラジルは、33,274人の感染が報告されたが、一気に半減した。

ペルーでの新規感染8,805人となった。昨日は、世界第10の感染国となったが本日、トルコを超え、世界第9の感染国へ。

 

ロシアでは、新たに9,262人の感染が確認された。1万人を下回った数で感染の傾向は、横ばいと停滞しているが、徐々に増加の兆しが見える。

 

6月1日、ヨーロッパで最も感染報告が多いのはイギリスで、1,936人の新規感染が確認されてた。

ヨーロッパ全体でみると、新型コロナウイルスの感染は小康状態になりつつあり、徐々に減少傾向と落ち着いてきている。

過去、一時的に感染が多かったスペインやイタリアなどは、1日の感染者の数が500人程度までに抑えられていましたが、全体的に500人程と若干増加しています。

 

6月1日、インドの新規感染は8,380人を確認し、1日の感染数の過去最多を更新。5月29日から日を追うごとに500人近く感染者は増えている。

海外の新型コロナによる死亡者の推移グラフ

4月30日からイギリスでは、死者報告の集計方法を自宅や介護施設などの死者も加えたことより、急増してます。
5月11日、ブラジルの感染確認ができてないため、5月10日から変化してません。
5月26日、スペインの死者が訂正され1,918人減っている。
海外の新型コロナウイルスの発生状況
新型コロナウイルスに感染して入院した患者の死者数が止まりません。世界の新型コロナウイルスによる死者数は、世界で37万人以上と恐ろしく多く目を背けたい人数が亡くなられ、今もなお大変な状況が各地で続いています。

6月1日、アメリカの死者数は590人となった。昨日より400人近く減った。

アメリカでの感染報告は2万人以上が多く目立ってますが、死者の数が1ヶ月前を比べると半数以下と変化してきた。医療体制が整って現場が対応できてきたと思われる。

アメリカの死者数を除いたグラフ

海外の新型コロナウイルスの発生状況
新型コロナウイルスの死者が多いアメリカを除き、他の国や地域の状況が分かるようグラフを用意。

6月1日、ブラジルの新型コロナウイルスの死者数は480人となった。昨日よりも死者は半減、感染者も昨日より半減している。

ブラジル国内での感染拡大が加速しているため、医療体制が崩れさらなる死者の増加にならないか心配される。

また、ブラジルの隣国のペルーでも感染拡大して世界第9の感染国となった、ペルーでの死者数は135人になった。

 

同日のロシアでは、連日の感染報告が1万人近くも確認されていますが、死者は138人と感染数に対して圧倒的に少ない死者に抑えられている。

これに対して欧米メディアがロシアが発表している死者数の報道を巡り「実際は7割多い」「過少報告だ」と報道されています。

 

6月1日のヨーロッパで死者が多くなったのは、イギリスで113人が亡くなった。

過去、ヨーロッパで多くの新型コロナウイルスの死者が出ていた、イタリアやドイツなどは、徐々に死者が減少している。現在では100人程度までとなり、少ない時には2ケタまでに抑えられスペインでは、5月28日から死亡者が1ケタと激減。

 

アジアでの感染が最も著しいインドの死者は193人。昨日は1日の死者265人と最多だった。

WHOがパンデミックを宣言

タイの新型コロナウイルス:在タイ日本国大使館からの報告
2020年3月11日に、世界保健機構(WHO)が新型コロナウィルスの世界的な感染拡大について『パンデミック』と宣言しました。新型コロナウイルス感染症( COVID-19)パンデミック宣言に関する国連事務総長ビデオメッセージ大規模感染は中国や
タイトルとURLをコピーしました