[上級編]バービアの四目並べの必勝法3つを大公開!

四目並べのアイキャッチ

サワディーカップ、ぱたやまです。

今回の記事はバービアならどこでも遊べる「四目並べ」ゲームの必勝法を紹介します。

バービアを訪れたことがある人なら見覚えがあるゲーム、「私が勝ったらドリンクおごってね」と女の子に勝負を挑まれた方が大勢いるのではないでしょうか。

ぱたやまも例外なく挑まれて、ドリンクをおごり散らかしたことがあります。

そこでなんとかして勝てないか、先人の知恵を借りて試行錯誤してました。

必ず勝てるわけではないので、必勝法というのはおこがましいですが、勝つためにまず抑えておかなければいけないポイントが3つがあります。

必勝のポイント
  • 先手は奇数段、後手は偶数段にリーチを作る
  • ベストを尽くせば先手が必ず勝つ
  • ダブルリーチの形にする

以上のことを知っていないと、圧倒的に不利になります。

客待ちの間に女の子の暇つぶしで遊んでるので、ここら辺のことを感覚で理解してるため初めてやる素人の人だと正直、歯が立ちません。

この3つを理解できれば現在の業況が、有利か不利をわかりやすくなります。

イメージしやすいように図を使って解説していきます。

四目並べの基本ルールはこちらで説明してます。

四目並べの必勝法:先手は奇数,後手は偶数段にリーチを

四目並べの必勝法は、置けるコマの個数が42個で、先攻と後攻が交互に21個ずつ置くという点にあります。

リーチを牽制し合って進めた時に最後1つは、必然に奇数段は先攻が、偶数段は後攻が置くことになります。

コネクト4最終局面

もし、最終的に黒枠の縦一列が残った場合、下から順番に「先行、後行・・・」の置き方になりますよね。

そこで、リーチを最後に自分が置く段に作っておくことができれば、最終的に勝利を手にすることができます。

ただし、相手にも同じ状況が言えます。

 

さらに攻め方として、相手のリーチを自分のリーチの下の段に作られないように防がなければなりません。それはなぜか?

下から順番に枠を埋めていくため、低い段にリーチのある方が先に4つ並ぶことになるからだ。

コネクト4最終局面

上の図のように、先手2・4・6段目にリーチを作ったとしても、後手のコマが入ってくるため勝てません。

後手も同じ事で、3・5段目にリーチを作っても先手のコマが入るので勝てません。

 

そのことから次のことが言えます。

  • 先手3・5段目にリーチ目を作る
  • 後手2・4・6段目にリーチ目を作る

まずはこれを頭に入れ、ゲームを組み立てて行くことが最も重要です。

四目並べの必勝法:ダブルリーチの形に

ダブルリーチをができた段階で勝ちです。

理想な形に並べれるようになるために、まずはコマの配置関係をしっかりと覚えましょう。

ダブルリーチのパターンとして、次のような形があります。

基本的なダブルリーチ

四目並べダブリー

は、縦と横の組み合わせのパターンです。縦と横は並びが見やすく、リーチが警戒され易いためなかなか実現できない厳しい手になります。

真ん中は、3つ並んだ時に左右が空いてるパターン、どちらに置かれても4つ並べれる。一列でで作られるダブルリーチ。

横に並ぶパターンは見抜けやすいので難しいですが、斜めのパターンは中盤あたりで条件が揃えば狙いたい決まり手です。

は、横と斜めの複合パターンで、一番積極的に狙って行きたいパターン。

縦に2つのリーチが並ぶため、その列にコマを入れられても止めれなくなるため、勝ちとなります。

ただし、自分が決める前に相手のリーチがないか、注意する必要があります。

油断して相手のリーチに気が付かず、逆転されるパターンに気を付けましょう。

複合パターンには、いくつか種類があります。

どのような配置になるか、次を見ていきましょう。

横と斜めの複合パターン

説明のため、すべて低いところで揃えてあります。

コネクト4ダブリ

上図のように複合4パターン、左右反転と上下反転を加えると計16パターンあります。

白枠のところはダブルリーチになる位置。

 

ダブルリーチの狙いやすさとしては、次のような順番になります。

狙いやすいパターン

左上 → 左下 → 右上 → 右下

それぞれの特徴としては、

  • 左上は、基本形。
  • 右上は、基本形から斜めの位置がへ1つ移動。
  • 左下は、基本形から斜めの位置がへ1つ移動。
  • 右下は、基本形から斜めの位置がへ2つ移動、横へ5つ並ぶ変則的な形ですが、このパターンもあります。

 

各パターンについて解説をしていきます。

それぞれのダブルリーチには、キーとなるコマの位置(ピンク色)に注目してください。

左上のパターン(基本型)

コネクト4ダブリ

基本形となるこのパターンはキーのコマを置くまで、相手に横と斜めでコマの位置関係が分かりにくくなってます。

逆に、キーのコマを早めに置いてしまうと、狙ってる位置関係がバレ易くなります。注意しましょう。

ゲームの流れとして、下段2列の黄色ポジション2つをキープして、上の4つ目の黄色のポジションが取れるからが肝になります。

右上のパターン(左へ1ずれ)

コネクト4ダブリ

基本型より1マス左にずれてるのがこの形、左右のどちらかにコマを固めて置けた時に有効です。

下段2列の3つのコマの配置が、キーのコマを置くまでに、縦と横に2列づつ出来上がってしまうため、警戒され易い形となっています。

守りのコマの進め方をする相手には、妨害され易い配置となってしまいます。

左下のパターン(右へ1ずれ)

コネクト4ダブリ

基本型から右へ1マスずらしたパターンで、キーのコマを置くまでダブルリーチになってるのを察知されにくいです。

ただし、基本形と比べると若干バレされ易。横のマスが広い分、横へ2つ並べてると相手も警戒してきます。

横に2つ並んでも、すぐに止められないよう段差を使った、ゲームの進め方が必要になります。

右下のパターン(右へ2ずれ)

コネクト4ダブリ

基本形から右へ2つずらした形で、キーのコマの上にコマがある変則的な形になります。

このキーのコマを置いた時に、上図の2つ白枠の下段に何もコマがないことが追加で条件となるからです。

もしも、白枠の下段にコマがあるとリーチを止められて、この形が成立しなくなってしまいます。

かなり特殊なパターンなので、狙ってやることは難しいと考えます。

コマを2つ並べると警戒され、3つは止められると考える。
横→縦→斜めの順に警戒されやすい。

このことから狙いやすいパターンが「左上 → 左下 → 右上 → 右下」となってきます。

四目並べの必勝法:ベストを尽くせば先手が必ず勝つ

コネクト4先手必勝

「先手は奇数,後手は偶数段にリーチする」で説明したように相手よりも位置を低い段にリーチするかが重要になってきます。

相手の「先手の偶数段リーチ、後手の奇数段リーチ」は1つくらい作られても平気です。

ただし、やむを得ずリーチを作られてしまう場合の「先手の奇数段リーチ、後手の偶数段リーチ」の形は必ず潰して置く必要があります。

ちなみに、先手必勝であることは、1988年にプログラマーのジェームズ・D・アレンによって数学的に証明されています。

四目並べの必勝法:最後に確認問題

先手であなた(黄色)の番でこの盤面です。どこに入れるのが最善手でしょうか?

コネクト4問題

次の「左」か「右」を選んでください。
コネクト4選択

 

 

 

 

正解は「右」です。

 

 

 

理由は、「先手は3・5段目の奇数段にリーチを作る」でしたよね。

リーチした右側は止められてしまいますが、左側のリーチは、この後に相手が「後行は2段目にリーチを作る」ことができなければ、最終的に勝ちになるからです。

 

先ほどの問題は間違えやすい盤面で「左」を選んで、そのままゲームを進行させていくとどうなるか見てみましょう。

 

コネクト4問題解説

あのまま進めると、お互いにリーチの妨害合戦となり、上記のようになります。

そうして相手に「後行が4段目にリーチ」されてしまい逆転されてしました。

ここから巻き返すためには、先行は「3段目にリーチを作る」ことができないと勝つことができません。仕掛けれる時には、先手を心がけましょう。

さいごに

これまで、「四目並べ」の必勝法について解説してきました

先手が有利な四目並べですが、置き方を間違うと一発逆転される要素があるゲームです。

解説したことで、覚えておいて欲しいの3点は、

必勝のポイント
  • 先手は奇数段、後手は偶数段にリーチを作る
  • ベストを尽くせば先手が必ず勝つ
  • ダブルリーチの形にする

以上です。

次に四目並べを遊ぶ時は、このことを思い出してバーで善戦してください。

最後にこちらを  ポチっとお願いします。

タイトルとURLをコピーしました