【Agoda】年末年始の渡航先予約人気ランキングを発表

アゴダランキングアイキャッチ

サワディーカップ。ぱたやまです。

個人的に、よく使ってるアゴダから年末年始の渡航先予約ランキングの発表です。

ぱたやまの第2の故郷、パタヤは第何位にランクインしているのでしょうかね。

早速、見ていきましょう。

アゴダが大晦日の渡航先予約人気ランキングを発表

世界で活躍しているオンライン旅行予約プラットフォームのひとつであるアゴダはこのたび、2019年12月31日から2020年1月1日までの同サイト上の渡航先予約データの分析結果を発表しました。

年末年始の渡航先として最も予約が多かった世界の都市は、アジア太平洋地域では「東京」、ヨーロッパでは「パリ」、北米では「ラスベガス」であることを明らかにしました。

各地域別で昨年のデータと比較すると、アジア太平洋地域では東京が昨年と同じく最も人気で、台北は第2位に順位を上げ、バンコクが第3位に下がりました。

一方のタイは同地域で大晦日を過ごすのに適した観光地が最も多い国であり、活気ある3つの都市がランク入りを果たしました(バンコク第3位、チェンマイ第7位、パタヤ第10位)

初登場のマニラは第6位にランクイン。

ヨーロッパではパリとロンドンがともに2大人気観光地としての地位を維持し、ローマバルセロナを抜いて第3位の座を獲得しました。

今年のヨーロッパのランキングで最も大きな飛躍を見せたのはミラノで、無料の年越しコンサートや伝統的なカウントダウン花火、賑やかなナイトライフで昨年から順位3つ上げて、第7位となりました。

そして北米では世界有数の観光地であるラスベガスがニューヨークを抜き、大晦日を過ごすのに人気の渡航先第1位に選ばれました。

ロサンゼルスは昨年同様の第3位を維持しています。

ハワイホノルルは今年初めてリストに加わり、その魅力的なビーチや活気溢れるパーティー、豊かな文化などが決め手となって第4位にランクインしています。

今回の調査結果の概要は以下の通りです。

2019年の各地域別大晦日渡航先ランキング表

2019年の各地域別大晦日渡航先ランキング

(アゴダ予約データに基づく)

2019年の人気渡航先ランキング

空港の画像

アゴダの2019年の渡航先予約データ(2019年1月1日〜12月31日まで)によると、アジアの国々では日本とタイが、世界中の旅行者の心を掴み続けています。

ヨーロッパ諸国の中ではフランスが王座を獲得し、イギリスとイタリアは今年第2位と第3位でした。

都市別ランキングでは、アジアではバンコク、ヨーロッパではパリ、北米ではラスベガスが、過去12か月間でそれぞれの地域のトップでした。

昨年と比較すると、バンコクとラスベガスはそれぞれの地域で第1位の座を維持しましたが、パリは昨年トップだったロンドンを抜き、ヨーロッパで最も人気の観光地となりました。

香港は国内デモが大規模化の影響からランクを落として第7位となってます。

2019年の人気渡航先ランキング表

2019年の各地域別大晦日渡航先ランキング

日本人旅行者の渡航先ランキング

空港の画像

年末年始の旅行ランキング

日本人旅行者においては、年末年始の国内旅行が変わらず人気となっています。

人気の渡航先上位10ヵ所のうち6ヵ所が国内の都市で、東京大阪がそれぞれ第1位第2位にランクインしています。

海外の渡航先で日本人に人気があるのはアジアの都市で、バンコク(第3位)、台北(第5位)、ソウル(第6位)、パタヤ(第8位)が選ばれています。

興味深いことに、これまで日本人旅行者に人気の年末年始渡航先ランキングのトップ10にランクインしていたバリが、2016年以来初めて、トップ10圏外となりました。

大晦日渡航先ランキング表

2019年の日本人に人気大晦日渡航先ランキング

年末年始の渡航先予約人気ランキングまとめ

香港は最近の国内デモの影響で順位を下がってしまってますが、今のタイミングだと安いから意外に人気が出ててこの順位に落ち着いて流のでしょうか?

ちょっ残念なことに2019年の人気渡航先ランキングからパタヤがトップ10圏外でしたが、日本人旅行客の大晦日渡航先ランキングにはランクインしてました。

今年のパタヤ盛り上がるんでしょうなぁ。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

皆さんの大晦日の渡航先はどちらに行かれるでしょうか?

素晴らしい年越しを迎えられたら喜ばしいです。

よければこちらをポチッとおねがいします。

タイトルとURLをコピーしました